吉川ナス(中)【特A】240g以上290g未満×9個

3,402 
在庫あり
+
「吉川ナス」の固く密な実の中には、生産者のたちの、復活にかけた想いが詰まっています。 特定商取引法に基づく表記 事業主...
分類野菜/穀物類

Japan GIブランド

吉川ナス

1人の農家が守り継いだナス。最後のナスを受け継ぎ、千年続くとも言われる日本の伝統野菜吉川ナスは、ミシュランのレストランにも使われる高級食材です。



黒い宝石「吉川ナス」

福井県鯖江市では「黒い宝石」と呼ばれる丸ナス、“吉川ナス”が作られています。この吉川ナスは、1000年以上の長い歴史を持つと言われていますが、かつては栽培農家が1軒にまで衰退してしまいました。しかし、そこから有志が集って再び吉川ナスの栽培規模を拡大し、平成28年には農林水産省が地域に根差した国の財産であることを示すGI登録を受けています(登録番号 第14号)。

そして、令和41月には、これまでの取組みが高く評価され、「令和3年度地産地消等優良活動表彰(生産部門)」で日本一の、農林水産大臣賞を受賞しました。


吉川ナスにしかない魅力や特徴

吉川ナスは、大きく実ります。大きいものは500g近くにまでして収穫することができます。皮は頑丈にできていますが、加熱・加工しますと非常に柔らくなります。吉川ナスは非常に大きいので、料亭などでは芸術的に加工して素晴らしい料理に魅せることができます。


吉川ナスのおいしい食べ方

輪切りにして加熱し、田楽にして食べると非常においしいです。小さい時期に収穫すれば、浅漬けなど漬け物にすることもできます。千両ナスとはまた違った食感があって、おいしいです。吉川ナスを1センチ大で輪切りにして、オリーブオイルでベーコンと一緒に炒めます。焼けた吉川ナスの上に、コーンと、一緒に焼いたベーコンと、とろけるチーズ、トマトを重ねて一回蒸します。すると、ピザ風のナス料理が出来ます。お子様には非常に人気の料理です。


吉川ナスのホンモノストーリー


吉川ナスのGI情報

購入者の美味しいコメントを投稿しませんか?

大 3個を買いました。
大きくてびっくりしました。
ツヤツヤしていてとてもきれないナスですね。
ナスバーガーにチャレンジしてみようと思います。
画像:
レビューを書く

タグ

こちらにも興味があるかもしれません
  • ベストセラー
  • 人気の商品
  • 最近閲覧した商品