Japan マルシェは、日本政府が認定した地域ブランドの素晴らしい逸品を作り手のホンモノストーリーと共に、その魅力に触れ、味わえる、Japan Made事務局が運営するオンライン市場です。


GI 福井県 吉川ナス

途絶えかけた栽培を復活させた
1000年続く伝統野菜


GI 長野県 市田柿

大正10年から始まった干し柿を
世界に向けて


GI 岐阜県 奥飛騨山之村寒干し大根

先人の知恵と天の恵みで
作られる寒干し大根


GI 秋田県 いぶりがっこ

どのお酒にも合う万能のおつまみ
日本発、世界へ


GI 大分県 くにさき七島藺表

「現実的に不可能」を可能にした想い
古き良き和の心


GI 奈良県 三輪素麵

歴史と文化の食品
江戸時代から続く素麺

日本政府が認めた地域ブランド GI産品

地理的表示(GI)は、「夕張メロン」、「神戸ビーフ」などのように
生産地と食品を結びつけたブランド名称の事で、名称自体が知財として保護されています。

カテゴリから探す

果物

果物

配送無料商品
3,500 
分類果物
加工食品

野菜/穀物類

野菜/穀物類

野菜/穀物類

加工食品

540 
分類加工食品

野菜/穀物類

その他

その他

16,500 
分類その他

その他

22,000 
分類その他

真贋判定システム「HyperJ.ai」

国内偽造品の推定被害額は、1年間で516億ドル(5兆7000億円)。日本の国家予算の約5.6%に相当します。「日本の匠が開発した日本の名品、逸品を偽造品によって損なわれないように守る」これがHyperJの開発目的です。

インターネット販売で急増したスーパーコピーと言われる本物そっくりの模造品や、海賊版と言われる日本独自の漫画作品のコピーがネット上に拡散し、その被害額だけでも500億円。中国では、草間彌生氏、村上隆氏の贋作を展示するイベントまで開催されるなど、パブリシティ権の侵害まで、偽造品の手法もますますエスカレートしています。

対策は様々実施されているものの効果は限定的でコストも増大する一方です。

最先端のブロックチェーン技術と独自のアルゴリズムにより、模倣品をなくし「日本製」かつ「本物」であることを証明することができるソリューションが、No Fake ソリューション「HyperJ.ai」です。

HyperJ.aiは、リーガルテック社のLaaSプラットフォームで提供されます。リーガルテック社のディープテックにより、Big DataのDB構築や、暗号化技術などを駆使して、ブロックチェーン基盤の自社ブランドの真贋システムを非常に高度な信頼性を持ちかつ低コストで実現可能です。

次世代真贋システム構築イメージ